« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

あ、アゴが……

……外れそう。

2img_4910b

というよりも、トドみたいな顔になっているタッペイです。

【Private Report】
いよいよセリーグも開幕です。
ちなみに僕は、タッペイ、コタ(本名コタツ)とともに、チーム・ドラゴンズとして中日を応援しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おなか、真っ白

……のトラです。

1img_4916

2img_4913

ハロゲン前では、とかく無防備になりがちです。
最近は日中に20度近い暖かさになる日も増えていますが、夕方から放射冷却で冷え込んだりするので、ハロゲンはまだ、しまえずにいます。

【Private Report】
水木しげるマニアの僕としては、今回の『ゲゲゲの鬼太郎』の実写化については首を傾げたい部分も強かったのですが……、今朝の『朝日新聞』で、ウエンツ瑛士演じる「イケメン鬼太郎はいかがですか?」との質問を受けた水木さんは「ウーン……、イヤですね。もう少し背が高かったら断ってました」との回答。さすが、水木さん!と、読んでいて嬉しくなりました。

また、マニアというほどではありませんが、植木等さんのことも大好きでした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やっぱり似てる

1img_4912

兄弟猫らしさを発揮していたトラ&コタです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ベランダでもマイペース

天気が良かった今日は、モモもベランダに出ていましたが、コタが寄ってきたためか、ウーウーと唸っていました。
でも、コタはあまりこたえた様子もなくて……。

1r0013588

何もなかったようなフリをしてましたw

しばらく経つと……。

2r0013591

トラと一緒に外の様子を観察してました。
隣のベランダから「隣人」に声を掛けられても、動じる気配はありませんでした。そういう点では、コタだけではなくトラもふてぶてしいところがあります。宅急便などが来れば、逃げていくくせに……。

明日は朝早くから取材なので、珍しく夜に記事をUPしました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

バタバタ続き

 ここ数日間、仕事でバタバタな日々が続いていました。
我が家のほうはどうだったかといえば、やはりバタバタで、「ニャンだろ~光線」というオモチャを買ったら、みんながみんなやたら気に入って、家の中を駆けずり回っています。「ニャンだろ~光線」とは、小さな魚の形をした灯りが出るもので、それを動かすと、虫かなにかに見えるようで、必死で光の先を追いかけます。ほとんど遊ばないモモでさえ、捕まえようとしていたくらいですから、なかなかのスグレモノです。

で、こちらは数日前のことですが……。
居間の窓の向かいに、どこかの猫が来たために、やっぱりみんなバタバタと騒いでいました。

1img_4885

とくに敏感なのはタッペイで、写真ではわかりづらいかと思いますが、しっぽを太らせていました。

2img_4884

……と、こちらは、今日からまた、新たな仕事のバタバタが始まり、週末までそれが続く予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苦しそう……

なんだかとても苦しそうな状態になりながらも一緒に寝ようとしていたトラ&コタ兄弟です。

1img_4868

ワケがわかんないような状態でありながら……。

2img_4869

笑っているようにも見えるコタは、やっぱり変なヤツです。

その直後には……。

3img_4871

トラの顔を舐め回していましたw

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あくび顔とアクマ顔

カメラを向けると、なぜだかあくびをすることが多いコタですが……。

1r0013298

ピントまで合った写真が撮れました。

コタの場合、表情が豊かというのとはちょっと違う「ユニークな顔」をしていることも多く……、トラと一緒にいたときに、こんな顔をしていたこともありました。

2img_4861

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真嫌いのトラ +競艇ニュース

トラはカメラが嫌いなので、寝顔を撮るのもなかなか難しいのですが、先日、なんとか撮影に成功しました。

1r0013307

2r0013308

カメラを向けると、すぐに顔を背けたりしがちなんですが、気持ち良さそうに寝ていると、まだまだあどけないものです。

目をぱっちり開けているところを撮るのも難しいのですが……。

3r0013315

ピンボケながらも、なんとか撮れました。

話は変わりまして――。
競艇における最高峰のグレートがSGですが、いよいよ明日(16日)から、今年最初のSGレース「総理大臣杯」が始まります。今回は東京・平和島競艇場で行なわれるので出張の必要はありませんが、いつもの『Sports@nifty競艇特集』(http://kyotei.cocolog-nifty.com/kyotei/)で、初日(16日)と5日目・6日目(20・21日)のピットリポートを担当する予定です。
僕は本日、別の仕事をしている予定ですが、nifty競艇特集では今日から前検日リポートがUPされていくので、興味がある人は見てみてください。
現在、僕がやっている仕事の中で競艇が占めている割合は3割くらいですが、その魅力を多くの人に伝えていきたい、という気持ちは強くなっています(艇界では最近、つらい出来事もあったのですが……)。なお、今回は63歳から24歳までの選手が参加するうえ、女子選手も出るという、総理杯ならではの顔ぶれになっています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ジジむさい顔

最近、「ジジむさい顔が減ってきた」との指摘もあるタッペイですが、“ちょっとジジむさい顔”になることはあります。

1r0013301

アップにすると、↓こんな感じです。

2r0013301b

ジジむさいというより、要するに仏頂面なんですねw

いつもこんな顔をしているわけではなく、どちらかというと、↓のような顔で寝ていたりすることのほうが多いんです。

3r0013295

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハロゲンもそろそろしまいどき?

毎度毎度の……

1img_4832

ハロゲン兄弟です。

           ▽

2img_4842

コタの顔の上にトラが覆いかぶさるようになっていたので、重くないのかなと思っていると、やっぱり重かったのか……。

3img_4843

顔を出しました。。。

暖かい日も増えてきて、「そろそろ今年のハロゲンもしまいどきかな」と思うのですが、油断をしていると、すぐにまた冷えこんだりするので困ったものです。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お澄ましモモ

朝日が射している三段ツリーの上でお澄まししていたモモです。

1r0013290

そこにコタが闖入してきましたが……。

2r0013293

なぜだかモモは怒らずにそのままいました。

基本的に、他の男ども(猫たち)が近づくことは許さないのがモモなんですが、コタに対してはあまいところがあるようです。同じマスクマン柄だからでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

相変わらず……

好き勝手自由気ままな寝相をしていた昨夜のコタです。

1img_4819

                  ▽

2img_4829

                  ▽

3img_4828

夏のような天気になったかと思えば、また寒くなったり……。移り変わりの激しい気候でイヤすね。個人的にも競艇取材から帰ってきたかと思えば、日本史関係の原稿に着手するなど、移り変わりの激しい毎日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風光明媚

 先ほど出張から帰ってきました。
 今回は徳山行きでしたが、片道5時間近く新幹線に乗っているのは、さすがに疲れました。取材に行ってきた徳山競艇場は、新幹線の徳山駅からは無料タクシーが出ていて便利なのですが、飛行機で行くにはちょっと便が悪く、結局、新幹線で行くのと変わらない感じになるので、この交通手段を選びました。……でも、風光明媚な、いい競艇場ではありました。

↓こちらは、土曜日の出発前、朝の4時頃から出掛ける準備をしていた僕をじっと見ていたトラ&コタ兄弟です。ともに、なぜだが、ちょっと目つきが悪くなっています。

1img_4818

↓で、こちらは徳山競艇場で撮った写真です。優勝戦が行なわれた日曜日は不安定な天気で、太陽が雲に覆われていたところが幻想的だったので、写真に撮ってみたらこうなりました。

2r0013250

↓こちらは徳山競艇場の水面です。

3r0013233

今回の女子王座決定戦では、池田明美・浩美という双子姉妹が揃って優勝戦に進出したことが話題になりましたが、このボートに乗っているのは2着に入った池田明美です(優勝は寺田千恵)。

| | コメント (4)

またコタです。

やっぱり目につくところにいることが多いのはコタなんです。

1r0012999

カメラを向けていると、何かしてくれるのも彼のいいところです。

2r0012996

3r0013000

明日は早朝から徳山に向かうために、今日は巻きで仕事をして早めに寝たいと思ってますが、この彼にジャマをされないかと心配です。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »