« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

普通の寝姿?

トラ&コタの昼寝姿ですが……。

1r0014101

普通です。

こちらはモモですが……。

2img_5081

やっぱり普通です。
……まあ、そういうときもあるわけです。

追記
今日は、夕方から雷雨になりました。普段は天上天下唯我独尊のようなふるまいのコタも、雷は苦手なようで、すぐに隠れてしまいました。でも、彼らの夕ご飯の用意をしようとしはじめたら、まだ雷か鳴っていたにもかかわらず出てきたのですから、さすがです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元野良の習性

……なのか、新聞紙にくるまっていたタッペイです。

1img_5070b_1

          ▽

2img_5079b

これでは元野良というよりホームレスのおじさんのようですが。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

だらけた週末

急に暑くなったこの週末は、基本的にみんなだらけた感じになっていて、日中の運動量もかなり少なくなっていました。

相変わらずといえば相変わらずですが、コタです。

1r0014097

         ▽

そしてこちらはトラです。

2r0014092

いつもと変わらないポーズでも、表情などに疲れが感じられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

深窓の佳人?

……の後ろ姿です。

1r0014085

お団子型のしっぽがチャームポイントです。
      ・
      ・
たまにですけど……。

2r0014083

物思いに耽っているような表情もします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なぜ、日本人は?

久しぶりに自分の著書(正確には共著)が出ました。
『なぜ、日本人は?』というタイトルで、“外国人が疑問に思っていそうな質問”に答えて、その回答文の英訳も付けてある「対訳本」です。

・なぜ、「つまらないもの」をプレゼントするのですか?
・なぜ、血液型を尋ねてくるのですか?
・なぜ、クリスマス・イブがデートの日なのですか?
・なぜ、お寺と神社の両方にお参りするんですか?
……といった178の質問に対する回答を書いています。すべての文を僕が書いたわけではなく、昔からよく知っている企画グループにも手伝ってもらいました。そしてもちろん、英訳部分は別の方(外国人)が担当しています。

この本の企画は、こうしたシリーズの“生みの親”的存在である対訳本の第一人者が立ち上げたものなので、僕の色というよりは編集部サイドの色が強く出ている本になっているとは思いますが(僕個人はどちらかいうとノンフィクション志向のライターです)、もしよければ読んでみてください。

Aboutjapan1

『なぜ、日本人は?』
  [著] 内池久貴+Office Miyako
  [訳] マイケル・ブレーズ
  [発行] ジャパンブック
  [発売] ランダムハウス講談社

    (2007年5月23日発行)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

続・我が家の「王様」

昨日の記事の続編ですが……、実をいうと、あの後、最終的にはこのような構図になっていました。

1r0014081

トラもなかなか図太いところがあります。
王様というイメージではないのですが……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我が家の「王様」

トラのおなかを枕にして、タッペイの顔を足蹴にして寝ていたコタです。

1r0014071

まさに王様といわんばかりの格好です。
         ・
         ・
でも、その後しばらく経つと……。

2r0014072

トラが体をよじって、立場が逆転していきました。
         ・
         ・
そして、その後は……。

3r0014075

ワケがわからないほどの「伸び比べ」状態になっていました。それでもタッペイは、あいかわらず足蹴にされていますw

土曜日=岡山県、日曜日=愛知県と出張していたので、こちらは、帰宅した昨日(月曜)の午後のひと幕でした。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

縮んだり伸びたり……

丸まるのが好きなトラです。

1r0014027

でも…………。

2r0014029

時々、伸びます。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

変化なき日常 +犬

とくべつ変わったことはない毎日で……。
コタは相変わらず、こうして寝ています。

1r0014021

         ・
         ・
で、こちら↓は知人からメールされてきたフレンチブルドック・不二子ちゃんの写真です。タイトルは『爆睡』となっていました。

2fujiko

……犬なのに、コタに負けない寝相です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お気に入りポジション争奪戦

前回記事のモモに続いてリラックスしているのは……。

1r0014005

トラです。

2r0014003

窓辺のカゴの中が、最近、トラの「お気に入りポジション」になっています。ただ、トラが気に入った場所はすぐにコタも狙うようになるので、この場所の競争率は高くなっています。

3r0014020

時々、↑のように折り合うこともありますが、タッペイまでがこのポジション争奪戦に参加するようになってきたので……。

4r0014019

こうしてトラがはみだしてしまうこともあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

珍しくリラックス

ちょっとだらしない姿をしてますが……。

1r0014007

モモです。
珍しく、仕事部屋のフローリングの上で、ごろごろしてました。

2r0014010

         ・
         ・

3r0014011

| | コメント (3) | トラックバック (0)

猫ブログに犬!?

今年3月に犯罪的な結婚をしていた知人(ある意味、伝説のライター/元・猫派)が最近、一緒に暮らしはじめたフレンチブルドックの不二子ちゃんです。

120070503211347

↑の写真は、食事をご馳走になりに行った僕(不二子ちゃんを見せるために焼肉で釣られた、ともいえます)の股のあいだで寝ているところです。まだ生まれて間もないので、トラ&コタよりも小さく、モモくらいの大きさ&軽さでした。

アップで撮ると……。

220070503212642

ちょっと宇宙人のようにもなります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

GWも終わりました

……といっても、フリーで仕事をしている身としては、前後の仕事が慌しくなる以外はあまり意味がありません。2日ほど友人と会ったりはしてましたが、それ以外の日は、いつもと変わらず自宅で仕事をしてました。

で、こちらはGWに撮っていた写真です。

まずは朝日が差しているカゴの中で一緒に寝ていたトラ&コタ兄弟です。

1r0013993

コタの顔が妙に大きく見えますが、基本的にはカメラアングルのいたずらです。
         ・
         ・
そしてこちらは、同じ時間に窓辺で寝ていたタッペイです。

2r0013994

よく落ちないものだな、と感心します。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

珍しい構図

お風呂場の窓のところで、これまでには見たことがなかった構図が見られました。

1img_5041

タッペイとトラがこうして並んでいること自体、あまりないんですが、同じようなボースと表情をしていたのですから(写真では、表情まではわかりにくいかもしれませんが、しっぽまで揃ってます)、なかなか新鮮でした。……ただ、タッペイよりもトラのほうが偉そうにしているのはよくあることですw
         ・
         ・
で、こちらはモモの夕涼み。

2r0013990

過ごしやすい気候になってきた最近は、ときどき、こうした姿が見られるようになっています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベランダ日和

昨日の東京は天気が好くて、ベランダ日和になっていました。午後は少し暑すぎたともいえますが、午前中にはトラ&コタがベランダで並んで、くつろいでいる姿が見られました。

1r0013981

         ・
         ・

2r0013982

         ・
         ・
ちょっとくつろぎすぎなのはコタですが、実をいうと、このときはタッペイもその向かい側にいました。

3r0013985

         ・
         ・

4r0013989

タッペイはタッペイらしく、だら~んとしてましたw ……モモもベランダに出ることはあるんですが、昨日はここに参加しませんでした。

今日の東京も暑くなりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独特の寝相

相変わらず…………。

1r0013977

長~くなって寝ているコタです。

こういうときには、しっぽを足などにクルリと巻きつけている場合が多いのもポイントです。

2r0013978


そして……。

3r0013979

キバを出していることが多いのも特徴です。
         ・
         ・
ただし、そうかと思えば……。

4img_5022

窮屈そうに寝ていることもあるコタでした。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »