« 隠れんぼ | トップページ | モモ・パンチ(肉球) »

『グーグーだって猫である③』

 大島弓子作『グーグーだって猫である』の3巻が出てました。
 大島先生といえば『綿の国星』や『サバシリーズ』など、猫を擬人化した作品群でよく知られていますが、こちらの作品は現在の生活をエッセイ的に漫画化したもので(猫たちがしゃべったりはしません)、どこまでも深い猫への愛情が感じられます。読んでいると、その愛情が伝染したように、自分の家の猫たちまでがいとしく思えてくるから不思議です。2巻では大島先生自身の闘病日記が多くを占めていましたが、すっかり病気も癒えたようで、3巻では新たな猫生活が展開されています。
 ふだんはそんな気持ちになることはまずないのですが(著者を呼び捨てする気にならないのもかなり珍しいことです)、本を購入することでわずか数十円の印税であっても大島先生宅の猫に役立てるという気になれるのでお得(?)です。……ちなみにアフィリとかいうのをやってるわけではありませんw

Gougou

『グーグーだって猫である③』
(著者=大島弓子/発行=角川書店)

……で、この作品、映画化が決定したようで、監督=犬童一心、出演=小泉今日子で2008年公開予定とのこと。実写版で、“大島猫ワールド”がどのように描かれるのかは想像もつきませんが、猫好きの小泉今日子主演ということもあり、愉しみです。

|

« 隠れんぼ | トップページ | モモ・パンチ(肉球) »

コメント

私もグーグーの三巻買ってしまいました~可愛いですよね~映画も楽しみです!

投稿: ペコラ | 2007年6月12日 (火) 20時49分

この記事を読んですごく読みたくなりました。
明日本屋さんに行ってチェックしなくては♪
小泉今日子での実写映画、気になりますね~
主役というのも久しぶりですよね、猫好きだったんだ~!

投稿: mari | 2007年6月13日 (水) 02時01分

猫物の漫画は、色々読んでいますが、こちらは知らなかったです。
さっそく本屋へ行ってみます。
こちらで紹介される本、色々楽しみです。

投稿: ぶーママ | 2007年6月13日 (水) 06時39分

さっそく購入して読み始めました。
で、3巻の表紙とヘコがそっくりだったので、今日は並べて掲載しちゃいました。
お時間があったら、覗いてください!

投稿: ぶーママ | 2007年6月13日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195239/6756675

この記事へのトラックバック一覧です: 『グーグーだって猫である③』:

« 隠れんぼ | トップページ | モモ・パンチ(肉球) »