« トラ&コタ「黄金の日々」 | トップページ | いつものポーズ »

プロレス黄金期 伝説の名勝負

 個人的に、90年代にはずいぶん、プロレス本の編集をやっていたものでした。その当時のプロレスファンにはお馴染みのはずの『別冊宝島プロレス読本シリーズ』は、179号以降のもののほとんどは僕が編集を担当していたものだったのです(近年のものは違います)。
 その別冊宝島179号『プロレス名勝負読本』は、僕が編集者として企画段階から手掛けた最初の作品でもあり、とくに思い出深い一冊です。そして今回、この本が改題改訂されて、4月7日からセブレンイレブンなどのコンビニを中心に発売されることになりました。

Bepro  改訂作業は僕も手伝いましたが、この当時のプロレス原稿は本当に内容が濃く、今改めて読み直してみても、相当に面白いものでした。それも当然といえば当然で、80年代~90年代という“プロレスが最も熱かった時代”の名勝負についてを、今ではちょっと考えられないような著者陣が書いているのです。当時のプロレスが好きだった人はもちろん、今のプロレスは好きだけど当時のプロレスはほとんど知らないという人にもぜひ読んでいただきたいと願います。

 表紙は、当時のものとガラリと変わり、古い時代のプロレスファンなら知らない者はいない名作コミック『プロレススーパースター列伝』の原田久仁信氏(原作は梶原一騎)が書き下ろしイラストを描いてくれているので、見るからに「懐かしさ」が漂う一冊になっています。

『プロレス黄金期 伝説の名勝負』(宝島社発行/定価500円)

|

« トラ&コタ「黄金の日々」 | トップページ | いつものポーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195239/12348433

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス黄金期 伝説の名勝負:

« トラ&コタ「黄金の日々」 | トップページ | いつものポーズ »